大雨が続きます…(追記)

(追記)
現在、レッスンの新規募集は停止しております。
今日までに何件かお問い合わせをいただきましたが、折り返しお返事いたしております。
募集再開時期は未定です。あらかじめ、ご了承ください。

* * *

こんにちは、れもんピアノ教室のやまもとです。
先日からのたいへんな大雨、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
電車が止まったり、休校になったり…
わたしも今日午前中セミナーの予定だったのですが、中止とのご連絡があり、途中下車して帰ってきました。
今日のレッスンは通常通りですが、くれぐれも気を付けてお越しくださいね。
 
さて、現在水面下で、おさらい会と次回の発表会の日程や内容を検討しています。
おさらい会は今回初めて実施する演奏イベントですが、発表会とは違い、普段練習している曲で演奏してもらおうと考えております。
気軽に人前で演奏する機会をつくり、みんなで学べる場を与えられたらと思っています。
(…おさらい会、じゃなくて、何か素敵な名前をつけたいのだけれどアイデアが出てこない…!)
日程は10月を予定しております。詳細が決まりましたら文書でお知らせいたします。
 
次回の発表会は例年通り3月の予定です。
※発表会の場所が変わります!おさらい会の日程と併せてご確認をお願いいたします。
 
あと、こんど私が出演する演奏会のチラシとチケットが届きまして、順次チラシをお渡しさせていただいております。
なんとまあほぼ全員がそのチラシに映っているわたしの写真を見て驚いていらっしゃいました…;;
どれ!?これ先生!?え、先生おらんやんと思ってた!全然違う!!
保護者の方々まで同じ反応でした(*ノ∀`*)そうなのわたしなの…!
プロのカメラマンさんに撮っていただくとほんと別人のようですよね…笑
 
早速行きます!とチケットをお求めのお母さまもいらっしゃいました。
本当嬉しいです!ありがとうございます。ぜひぜひ聴きに来てくださると嬉しいです!!
よろしくお願いいたします。
 
暑さに負けないように、もっと練習がんばらねば…!!
しばらく作っていなかった練習カードの新作も、少しずつ作っております…(*ノ∀`*)

↓れもんピアノ教室のHPはこちらから!
http://lemon-piano.com/

↓ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログへ

今週のレッスンについて

こんにちは、れもんピアノ教室の山本です。
先日の地震、みなさまお怪我はなかったでしょうか。
被害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げます。
 
家族や親せきからは大丈夫かとLINEが来て、また市内や北の方に住んでいる親せきとも連絡がとれました。
過去の大地震のことから、本震がくるのではと心配しています。
備えあれば憂いなし、いつくるか分からない、という意識で過ごしたいなと思っています。
 
というわけで、しばらくわたしが心配なので、今週のレッスンについて以下のようにいたします。
・レッスンは通常通り行います。
・ただしお子様が不安がったり等通うのが困難と判断された場合は、お休みいただいてかまいません。
(直前でもかまいません、後日振替をいたします)
・レッスン中に大きな地震が発生した場合、レッスンを中止いたします。その際は恐れ入りますが保護者の方のお迎えをお願いいたします。
 
お子様お1人でのレッスンの行き帰りは十分お気を付け下さい。
取り急ぎ今日のレッスンの方々にはご連絡をいたしました。
 
まず身の安全を第一に。
どうぞご無理のないようにお願いいたします。

セミナーからの実践

こんにちは、れもんピアノ教室のやまもとです。
 
今日は月に1回のバスティンセミナーの日でしたが、
今月だけ、バスティンの指導セミナーで大人気の藤原先生が、新しく発売された「オールインワン」のテキストについてお話してくださいました。

導入におけるバスティンのテキストには、
「ベーシックスプリマー」や、「ヤングビギナー」「パーティ」といったシリーズがあり、
子供たちの年齢やレベルに合わせて使うことができます。
 
従来のテキストでは、弾くものとドリルものが別々の本になっているものが多いですが、
新しく発売された「オールインワン」は、それら導入の要素を「プリマーA」「プリマーB」の2冊で
読み・書き・弾くを全てマスターできるようになっているテキストです。
トンプソンの「はじめてのピアノ教本」みたいなスタイルですね。
 
わたしはまだ使った事がなかったのですが、今日改めて内容を追いかけてみると、
バスティンを使って指導する際に大事な要素をきちんと踏まえながら、しかしさらに効果的な曲が数多くありました。
 
一番素敵だな、と思ったのは、各ページごとに、学ぶポイントというものがカテゴリとして明記されていることでした。
この曲では、「ポジション」「音程」「鍵盤(の位置)」について、また別の曲では、「読譜」「音楽記号」など。
それぞれ何を重点的にするべきなのか、指導者がきちんと把握し、それがどんな学びにつながるのかを見据えて指導するべきなのだ、と実感しました。
 
* * *
 
そんな今日のレッスンのこと。
小1のYくんは、なかなか手の形を意識するのが難しかったのですが、今日は鍵盤に触れている指先についてのお話をしてみました。
今日のセミナーの中にあった「タッチポイント」という、どこに指先が当たっているか、ということ。

普段のYくんの手の形は、こんなふうに手首に一番重さがかかっている状態でした。
 
↓タッチポイントのお話をして同じ曲を弾いてもらいました。

おおお、びっくり。
もう少し骨が出てきてほしい(おやねの形)…など、もう少し改善したいところはありますが、
今までの彼のフォームの中では断トツに良くなりました。すごい。
他のテキストの練習でも、彼の中でも手の形に気を付けようという意識の種まきができたように思います。
脱力・支えについても少しずつできるようになってくれればと思います。頑張ります。
 

そんな彼も練習カード1枚目クリア!
無理のない、自分なりのペースでがんばっていきましょうね!
 
* * *
 
明後日の17日は、3月の発表会でお手伝いしてくださった、あけまま先生の教室の発表会に足を運ぶ予定。
どんな演奏会なのか、今からとてもわくわくしています(*ノ∀`*)

↓れもんピアノ教室のHPはこちらから!
http://lemon-piano.com/

↓ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログへ

バスティンコンクール説明会

こんにちは、れもんピアノ教室のやまもとです(*ノ∀`*)
ついに梅雨入りですね。そろそろエアコン稼働の準備します(掃除
 

今日は三木楽器開成館のサロンで、バスティンコンクールの課題曲説明会がありました。
横江先生というとても素敵な音色をお持ちの先生が、課題曲全て演奏してくださり、大変貴重な時間になりました。
レッスンでみている曲も課題曲の中に入っており、コンクールを抜きにしても、実際のレッスンの中で
どのような点に気を付けて指導すればいいか、具体的にお話を聞くことができて良かったです。
声掛けの仕方等たくさん得るものが多かったです。また整理していきます。
 
* * *
 
今週のレッスンより。
とてもいい音色持ってるのに演奏の中でいまいち引き出せてないYくん。
そんな彼に口頭でアウトプットするレッスンを。
Yくんが先生役、わたしが生徒役になり、わざと下手に弾いて、気付いた事をYくんにいろいろお話してもらいました。
「はい!Y先生、こんな感じですか!(フレージングを無視してみる)」
「ああっ、いや、なんか違う!なんかこう、スラーがない!」
「スラーですね!わかりました!こうですか!(フレーズの終わりをかなり抜いてみる)」
「いや、ちゃうねん!それだと聞こえへん!もう少し…!」
「そう、Yくんのフレージングはこんな感じなの」
「そうやったんか…!!」
 
また、クレッシェンド・デクレッシェンドの話になった時。

「はいY先生、ここはどうやって弾いたらいいですか?」
「えーっとな、ここは大きくして(赤く囲んだクレッシェンド)…、その次からは、最初と同じ音量に戻すねん」
 
……??
はっ、としました。
話を聞いてみると、どうやら彼はクレッシェンドの表記が終わった後の音量は「元に戻る」と思っていたようです。
フォルテやピアノなどの記号の有効範囲は理解できているのに、そこだけ理解に相違があったのです。
クレッシェンドで上げたボリュームは、そのままキープやで!と確認作業を行いました。
「うわ、やべ、俺今までそうだと思ってた…!」
言葉が足りなかったな…と反省しました。ごめんね…!!
 
こちら側がわかっているつもりでも、生徒さんにとってはとっても難しい、取り組みにくいこともたくさんありますよね。
レッスン30分の中でどれだけ寄り添って、どれだけ気付いてあげられるか、本当に大事だな、と思いました。

↓れもんピアノ教室のHPはこちらから!
http://lemon-piano.com/

↓ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログへ

小さい子も頑張っています!その2

こんにちは、れもんピアノ教室のやまもとです^^
 
今回はもうひとり小さい生徒さんのご紹介。

前回ご紹介したJちゃんと同い年のEちゃん。レッスンではいつも楽しいお話をきかせてくれます。
レッスンを始めた当初は、鍵盤上でドレミを探すのも大変そうでしたが、
最近は、2つの黒鍵・3つの黒鍵の違いが理解できたようで、ひとつひとつ一緒に音の場所を確認できています。
リズムうちや、指番号で演奏することも併せてテキストを進めています。
 
「ドは、2つのくろいばしょのところにあるんよね?」

色のついたボールを鍵盤へ、間違えずにおけるようになってきました。
(テキストでは、ド=赤、レ=黄色という風になっているので、対応するように置いてもらっています)
 
先週のレッスンでは、ボールを少し増やして置いてもらいました。

固まりで置くと思っていたわたしですが、Eちゃんは自由な配置で、しかし正しい位置に置くことができました。
いろんな場所の音を見つけるようになっていて、びっくりしました^^
楽譜上の音の場所にこだわらず、わたしも柔軟な発想を素直に受け入れようと思います。
 
この土日は近隣の学校では運動会があったようですね。わたしも練習三昧の休日になりました…。
明日は赤松先生のバッハセミナー最終回。疲れを溜めないようにがんばります^^

↓れもんピアノ教室のHPはこちらから!
http://lemon-piano.com/

↓ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログへ