こんにちは、れもんピアノ教室のやまもとです( *・ω・)*_ _))
 
だいぶ日にちが空いてしまいました…
先月生徒さんが1人増えました。保育系短大生のお姉さんです。みんな習いに来る理由はそれぞれですが、しっかりサポートをしていきたいなと思います。
また、ある生徒さんは夏休み中にもっとレッスンを受けたいということで8月まで週2回でレッスンに来てくれています。
この1か月で、完成した練習カードを何枚も受け取りました。よく頑張ってきてくれて嬉しいです。ありがとう。
 
夏休み中には、リズム創作とかしたいなぁーとか思っていて、レッスン時間内でそういう時間をとるのは難しいのだけれど、ちょっと次の発表会でやりたいこともあり、少しずつ進めていきたいなぁと思っています。(発表会はまた来年春の予定です。)
 
さて、わたしも、進めているコンクールの二つ目の山場(ピティナ本選)を迎えようとしています…
(今月、ヨーロッパ国際ピアノコンクールに初めて参加しました、予選通過・特別賞をいただけました、秋に本選があります)
…テクニック的に不足している所は要練習。自分がどう表現したいのかは再確認、体でしっかり覚える。演奏にムラがないように。
今度弾く曲は、勢いと間と音色が大事だから、それがマッチしてホールにぶわっと響いてくれるといいなぁ…。
 
ヨーロッパ国際ピアノコンクールに参加した時に、審査員の先生の全体講評の中でこんなお話がありました。
「ピアノに向き合う時間が2時間あったとしたら、半分は弾く、もう半分は聴くことに集中しなさい」
聴く時間を作る=「音色の引き出しをいっぱい作る、こんな音が欲しいなというものを増やす」ということだとおっしゃっていました。
自分の練習だけでは、自分の中の音だけしか引き出せない。もっといろんな演奏(ピアノだけでなく、オケなどいろんな楽器も)を聴いて、ああこんな音もあるんだな、等いろんな事を感じて自分のものにしてほしい、ということでした。
聴く、はわたしにも足りてない事だったので、もっといろんな演奏家の音を聴きたいなと思った次第です。上手い人の音はきっとすっと入ってくると思うので、好き嫌いせずいろいろ楽しんで聴いてみようと思います。
 
今週末は勉強会。28日金曜日のレッスンはお休みにさせていただきます。
わたしも悔いの残らないように練習を頑張らなくちゃ。

↓れもんピアノ教室のHPはこちらから!
http://lemon-piano.com/

↓ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログへ