こんにちは、れもんピアノ教室のやまもとです。

先週、大人の方が一人ご入会されました。ありがとうございます!
わたしもいろいろとあれやこれや試しながらですが、一緒に頑張っていけたらと思います。
よろしくお願いいたします!

* * *

先週、レッスンに来られた大人の生徒さんが、6月に上本町であったレ・フレールのコンサートの話を聴かせてくださいました。
わたしは自分のコンクールシーズンの為にしばらくライブ参戦はお休みしていたので、久しぶりの話題にハイテンション笑
(わたし、レ・フレールのファンなんです)
こんな演出してましたよー、とか、いろいろ聴いてると、早くライブ行きたいなあ、なんて。思ってしまいますね。9月の京都でのコンサートからまた参戦しますけど。

そんなかんだで今週も楽しいレッスンがひとまわり終わりました。使っている本が終わった!という子も出てきています。やり終えるってとっても達成感がありますよね!

わたしもコンクール予選が終わり、本選の曲をレッスンでみてもらうようになりましたが、これがまた難しい曲で曲想をつけるのが本当に難しい。弾かされている感があるよね、とツッコまれました。なかなか派手というか勢いのある曲で、ソナタの第4楽章なんですが、「これは全楽章通して弾けばとても効果的だけど、第4楽章単体で弾くとなると単調で面白みに欠ける」という内容の事をおっしゃられていて、そうだ、確かにそれではコンクール的にはちょっとインパクト足らずで上にはいけないな…と思いました。
逆に言えば、面白くというかいい味付けをすれば印象に残ると思うので、そこでどう演奏したいか、という事を踏まえて弾いていらっしゃいという課題をいただきました。

というわけで今日も数時間楽譜とにらめっこ。
今日は腕が疲れていて弾いてて肩も痛くなってくるのでほどほどにして、どっちかっていうと楽譜見て、ここはこうだからこんな感じかな、とか、こうきてこうきてさらにまたこう!ってくるから最初はちょっと控えめに調整しようかな…とか、そんな事を考えながら弾いていました。
先生に、各パートごとに分けてそれぞれの音色(楽器に例えてとか)を…という風なお話をしてもらっていますが、なかなか音色が見えて来ず、とりあえずメロディーラインとそうでないところとでまず考え、その流れの中でどんな質感がいいかな、という事を考えていました。
そうして出した答えが合ってるかどうかはわかりませんが、その自分なりに出してきたものを聴いてもらっていろいろお話したりする、そしてまた新しい答えが出てきたり、その次なるものが見えてくるのがレッスンの成果だとわたしは思います。
その出した答えを自分で考えて自分のものにできるというのが目標ではありますが。

だから楽譜というのはしっかり見ていないといけないのです。
作曲者の想いがその音符ひとつひとつにこめられているのです。どんな曲でも、小さい子が弾くような曲でも同じです。
どうしてそんなメロディなんだろう、とか、今練習している曲で考えてみると、意外と面白い答えがでてくるかもしれませんね。
ああ、学生時代の自分に言ってやりたい、もっと曲の本質を自力で見つめる練習をしてこいと…ОTL

わたしもがんばります。本選前に、またリハとしてステップに挑戦予定です。
余談ですが、ピアノステップとか、ホップステップとか、やってみたいなっていう子、いるかな?
ステージでピアノ弾くのって、ドキドキするけどとっても楽しいですよ◎ふふふ。

* * *

交換ノート、いろいろみんな書いてくれています。ありがとう!毎回楽しく読んでいます。
わたしの似顔絵を描いてくれる子もいるし、学校の事を書いてくれている子もいます。
わたしもいろいろ絵を描きながら、最近のアニメや特撮はこんなんなんかー!といろいろびっくりさせられました。
プリキュア、プリパラ、ディズニー、特撮…なかなか面白いですね!
こないだ、とある女の子のレッスン後にプリキュアのエンディングの曲を弾くと、ダンスを踊ってくれました!
プリキュアのダンスって昔はとっても難しい印象だったんですが、最近はだいぶシンプルになってるような気もします。
今月から後期になって曲が変わったからまた練習しようっと…(ダンスじゃなくてピアノをね!笑)

こそっと、ジュウオウジャーのオープニングがめっちゃかっこよくて鳥肌がたちました。笑
耳コピ好きなので、子供たちの知ってる曲は弾けるようになりたいやまもとなのでした。

↓れもんピアノ教室のHPはこちらから!
http://lemon-piano.com/

↓よろしかったらクリックお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村